歯の黄ばみや黒ずみは歯医者で治せる|注目の審美歯科治療

子どもの内からの治療

歯科

阿倍野にある歯科では、子どものための歯列矯正治療を行なっています。大人になった後に美しい歯並びとするためには、子どもの内から歯列矯正を行なう必要があります。多くの人は、乳歯が全て抜けて永久歯に生え変わってから歯列矯正を行なえばよいと考えるでしょう。しかし、子どもの歯列矯正は永久歯が生える前に行なう方が効果的なのです。永久歯は乳歯が抜けると同時に徐々に生え変わるものですが、顎の小さい子どもはこの永久歯が歪んで生えてしまうため、永久歯へと生え変わる段階で歯列が歪んでしまうのです。永久歯をキレイな状態で生え変わらせるには、子どもの内から顎の成長を促進させる治療を受けさせる必要があります。阿倍野の歯科では、乳歯の子どものためにハーフリンガル治療を行ないます。上顎の裏側に矯正器具を設置し、顎の骨の成長を促進させることで、永久歯を歪ませずきちんと生えさせることができます。

子どもに行なうハーフリンガル治療は、見た目もよいとして評判です。阿倍野の歯科では、気難しい子どもでもこのハーフリンガル治療を受けさせることができます。歯列矯正のための金属ブラケットは、歯の周囲に金属ワイヤーを設置する治療法なので、見た目が悪いことから子どもに嫌がられることがあります。しかし、阿倍野の歯科が行なうハーフリンガル治療では、歯の裏側に矯正器具を取り付けるため、器具がまったく目立たないのです。女の子などであれば、自分の見た目にこだわる子も多いため、矯正治療を嫌がる場合もあります。ハーフリンガル治療ならば、こうした子でも安心して治療を受けられるでしょう。